Top > 三友地価予測指数 > 地価動向に対する国民の意識調査(平成19年5月)

地価動向に対する国民の意識調査(平成19年5月)

  1. 10数年にわたり住宅地価格は高値の2割程度まで値下がりしたのにもかかわらず、なお、依然として地価の値下がり希望が強く、値上がり希望の倍近くとなっている。
  2. 東京都内に住む人の61%、大阪では59%の人が依然として地価の値下がりを希望している。前回(5年前の平成14年、以下同じ。)に比べて東京で17ポイント、大阪で6ポイントと大幅に減少しているが、ここ数年東京・大阪とも6割前後であり、6割が一つの壁となっているとみられる。
  3. 値下がり希望は女性の方が男性より多く、年齢層では、両都市とも20代が7割前後で比率が最も高い。しかし前回までと比べて他の年代との差がそれほど無い。
  4. 持ち家のある人(広義の持ち家族)は被調査者全体の東京7割、大阪8割、借家の人(借家族)は東京で3割、大阪で2割である。
  5. 借家族の値下がり希望は、前回同様高水準(東京97%→86%、大阪91%→94%)であるが、広義の持ち家族は45%程度と低く、資産価値の低下を嫌う。
  6. 年収別では、500万円未満の人の中では東京7割・大阪6割強の人が値下がり希望であるが、年収500万円以上では逆に値上がり希望が増えている。
  7. 職業別では、官公庁、民間いずれも値下がり希望が急低下しているが、主婦、パート・アルバイト、学生は依然として高い。
  8. 「税負担が軽減される」、「土地が購入しやすくなる」、「安い方がよい」が両都市を通じて値下がり希望の理由のベスト3である。
  9. 「所有不動産の資産価値が高まる」、「所有不動産の資産価値が下がるのが嫌」、「経済を活性化させられる」が値上がり希望の理由のベスト3である。
  10. 5年後の地価の予測では「上がっている」と見る人が急上昇している。5年前と比較すると東京26→46%、大阪17→42%。地価公示価格上昇等の影響とみられる。
  11. 土地購入については「必要でない」と答えた人が前回より多く(東京90→91%、大阪88→95%)、住宅所有形態の変化(所有→賃借)が伺われる。
  12. 土地購入理由の内訳では「自己利用のため」とするものが、前回より減少しているものの圧倒的に多い。
現在抜粋版を表示しております。さんゆう資料室会員の方はログインして頂くと完全版をご覧頂けます。
   
また、会員で無い方もさんゆう資料室会員(無料)のご登録を頂ければご利用頂けます。


レポートの続きはこちら地価動向に対する国民の意識調査(平成19年5月)