コラム」カテゴリーアーカイブ

はじめてのワーケーション2022夏in北海道斜里町

事業開発本部では、2022年7月20日(水)~26日(火)の計7日間、宿泊施設も完備したテレワーク施設である北海道斜里町の「しれとこらぼ」にてワーケーションを実施しました。参加者は4名、前半チームと後半チームに交互に分かれて滞在し、通常業務のテレワークを実施するだけでなく、一般社団法人知床スローワークスのメンバーとの交流を深めました。

滞在中は気温20℃未満の日が続き、持参した長袖はパーカー1着のみの筆者としては、涼しさを通り越して体感気温は10℃でしたが、東京の最高気温35℃というニュースが届く度に、帰りたくないという気持ちが増幅していきました。また、青空が見える日は僅かでしたが、時より顔をのぞかせる斜里岳の山容やオホーツク海に沈んでいく夕陽、黄金色に染まった小麦畑、白色の花を咲かせたジャガイモ畑など大自然や人の営みが魅せる風景に心奪われ、車を走らせていればキタキツネやシカだけでなく、3頭の親子ヒグマにも出合え、感動が最高潮に達しました。


こうした楽しい思い出作りばかりだけでなく、しっかり仕事も行いました。
すでにドローン測量で一緒に仕事を始めていた横山氏には、測量現場にてドローン測量を実演いただくなど、弊社のドローン技術習得に対するご支援をいただきました。ここで、測量専門家による精度の高い測量結果は、不動産鑑定評価や建物ER、不動産DDなどへの活用の場が広がるものと考えており、弊社との益々の発展的な関係に期待をしています。

また、斜里町で不動産業を営まれている元木氏とは、空き家対策事業への意見交換を行いましたが、空き家対策の一環として、実際に元木氏が取り組まれている民泊施設をご案内いただきました。世界自然遺産の知床では観光業が盛んな地域でもあることから、観光業に根差した空き家対策事業は、我々にとっては新たな視点でもありました。


最終日の前日夜には、知床スローワークスの皆さんにバーベキューを開催いただき、斜里町でワーケーション中の別グループと一緒に参加しました。斜里町で漁業、農業、建設業、士業などに従事されている方々と地元ならではの大変興味深いお話をお聞かせいただき、とても新鮮な経験となりました。

今回のワーケーションは筆者にとって初めての経験でしたが、テレワーク施設「しれとこらぼ」では高速Wi-Fiが完備されており、普段自宅でテレワークしている環境と遜色なく、Zoomによる顧客との打ち合わせも何ら支障なく実施できました。

ワーケーションを否定的に考える意見もありますが、仕事環境を変えることは気分転換にもつながり、開放的な雰囲気による業務遂行は心の余裕を与える良い機会であると考えます。また、普段でしたらお会いできない方々との交流は、自身の見識も広げる意味でも大きなチャンスであると改めて認識しました。次回ワーケーションを企画中ですので、より事業開発力を高められるよう参加したいと思います。

【リンク先】
一般社団法人知床スローワークス
有限会社横山測量設計事務所
株式会社元木金物店 不動産事業部

-動産評価精通者への道のり- 実務レポート③ 建造中の船舶

前回コラムに続いて、弊社グループ会社の(株)事業性評価研究所と共同で行う「動産モニタリング&動産評価」のうち、今回は建造中の船舶に関する「動産評価」の紹介です。

本件動産評価の対象は、完成した船舶ではなく建造中の船舶となりますが、「動産モニタリング」で資材の仕入れ状況や建造進捗をモニタリングした結果を元に、評価を行います。 続きを読む

-動産評価精通者への道のり- 実務レポート② 造船所+ドローン空撮

弊社グループ会社の(株)事業性評価研究所と共同で行う「動産モニタリング&動産評価」のため、造船所に赴き実査を行いました。完成した船舶ではなく建造中の船舶が評価対象となるため、資材の仕入れ状況や建造進捗を「動産モニタリング」し、そのモニタリング結果を通じて「動産評価」を行いますが、今回は年数回行った実査の最終回となります。 続きを読む

私のデジタル住宅

 コロナ禍は、発生から2年が過ぎようとしていますが、なかなか出口が見えません。今年はワクチンの接種も開始され、昨年ほどの混乱はなかったようにも思われますが、不動産市場では老舗料亭が閉店したり、名門ホテルの廃業が決まるといった大きな混乱が続いています。サラリーマンの勤務形態もテレワークの比率が高まり、このままいけば「オフィスに顔を出すのは週に一度が当たり前」という時代がやって来るのかもしれません。そうなれば、アセットとしてのオフィスの盤石性が崩れるとともに、住宅市場でもこれまでの価格相場は大きく塗り替えられることが予想されます。既に、首都圏では駅に近いマンションから郊外の戸建住宅に需要が流れ始めており、地方圏でも新幹線通勤圏とされるエリアでは新築住宅に対する問い合わせが目に見えて増えています。 続きを読む

-動産評価精通者への道のり- 実務レポート① 機械装置に対する公正市場価値~金属熱処理業の場合~

先日、金属熱処理を行う事業会社様より動産評価を受注し、動産(機械装置)の実査に行って参りました。今回は当社にとっては再評価にあたり、数年前の前回評価時から新設の機械や移動、廃棄の有無を重点的に行い、各機械装置の稼働状況や生産工程を再確認しました。
続きを読む

-動産評価精通者への道のり- 脱炭素経営EXPO秋へ行ってきました

動産評価にあたり、再生可能エネルギーに関する最新の機械設備やその動向を把握するため、令和3年9月29日(水)~10月1日(金)の3日間で開催された脱炭素経営EXPO秋(会場:東京ビックサイト)に参加してきました。 続きを読む

私とコインパーキング

 街中では、あちらこちらでコインパーキングを見かけます。最近はレンタカーとセットになっているケースも多く、とても便利です。こうした駐車場の大半は、少なくとも都市部では、古くなった建物が取り壊され、新しい建物の工事が始まるまでの間に限って暫定的に駐車場として利用されているものです。しかし、コロナ禍で経済が低迷し、着工の見合せ等が多発すれば、今後は都心の一等地といえども駐車場としての利用が長引くケースも考えておかなければなりません。 続きを読む

私とコロナショック

 今年は大変な一年になりました。年明けにはアメリカがイランを攻撃し、イランによる報復活動の直後には世界大戦や世界恐慌への危機感が高まりました。しかし、それも束の間、今度は中国で新型のコロナウイルスが発生し、折しも春節(旧正月)の時期と重なったこともあり、ウイルスは中国人旅行者によって世界中に拡散される結果となりました。その後の各国の状況は周知のとおりですが、特に日本は莫大な経済効果が見込まれていた東京オリンピックが史上初めて延期される等、前代未聞の経済アクシデントに見舞われています。 続きを読む

私のタワマン対策

 昨年の今頃から、都市部を中心にタワーマンション(以下「タワマン」)の売れ行きが鈍ったとか、販売価格が下がったという話が聞かれるようになりました。数ヵ月後の台風19号では、首都圏の一部のタワマンが浸水し、停電と断水により入居者が多大な不便を被るという事態も発生しています。タワマンといえば、高層階からの壮大な眺望がビジネス社会での成功の証とされてきたわけですが、ここにきてその価値観にも変化が生じつつあります。 続きを読む

私と海外不動産

 近年、アメリカ、シンガポール、香港、中国等の海外資本が国内不動産市場に及ぼす影響は非常に大きなものとなっています。チャイナマネーが本国に回帰した昨年はともかく、一昨年のピーク時には国内取引額の3 割強を外資が占めています。今年も、欧米の金融緩和策で海外のリート価格が上昇し、これに連動する形で東証リート指数が上昇するケースが目立ちました。 続きを読む