Top > 競売レポート > 競売物件分析(平成28年度上期)仙台地裁

競売物件分析(平成28年度上期)仙台地裁

開札・落札動向

開札件数
・開札総件数は前期から微増(160件、前期比+7件、+4.6%)。
・種類別では「土地付建物」が多い(106件、構成比66.3%)。
・用途別では居住用物件(含む併用)が7割を占める(112件、構成比70.0%)。
・地域別では、仙台市が59件(構成比36.9%)、その他の市が66件(同41.3%)、郡部が35件(同21.9%)。
・震災により中断していた競売(開札)の再開後に開札件数が集中したが、その後は期毎に多少の増減を繰り返しながら減少が続いた。直近2期は増加の様に見えるが実態はほぼ横這いの状況。開札件数の先行指標ともいえる「配当要求終期公告件数」も前年比ほぼ横ばいであることから、今後も当面は横ばいで推移するものと思われる。

落札件数率
・落札件数は前期から変わらず(102件)。
・落札件数率は前期から僅かに低下(79.7%、前期比▲0.6ポイント)。
・「マンション」は全件落札ならず80%台に低下(84.0%、前期比▲16.0ポイント)。
・地域別では、仙台市が高い(93.0%)。

応札者数・平均応札者数
・総応札者数は前期から大幅に減少(514人、前期比▲132人、▲20.4%)。
・平均応札者数も減少(5.0人、前期6.3人)。「マンション」は全種類の平均より多いものの(6.4人)、一時の二桁台(12人前後)から半減の水準で減少が著しい。

地域別落札状況
・仙台市内の物件数は全体の4割弱だが、応札者は過半数で、落札件数率は高い。

地域別・買受可能価額別落札状況
・5百万円未満物件数が約半数(54%)。

現在抜粋版を表示しております。さんゆう資料室会員の方はログインして頂くと完全版をご覧頂けます。
   
また、会員で無い方もさんゆう資料室会員(無料)のご登録を頂ければご利用頂けます。


レポートの続きはこちら競売物件分析(平成28年度上期)仙台地裁