地番と住居表示

 地番とは、土地の登記上、一個の土地として個別に特定するために付された番号で、住居表示とは異なります。

 住居表示とは、一般的に、○○区○○丁目○番○号と表示されるもので、住居表示に関する法律に基づき区市町村が定めます。また、住居表示が実施されている区域と実施されていない区域があります。

 住居表示が実施されている区域でも、登記上は地番で表示されています。

 なぜ土地に番号が付けられているかというと、その土地を誰が持っているか分かるようにするためです。そして、そのこと、すなわち、ある土地を誰が持っているかは不動産登記というしくみを使って記録されます。その記録は法務局という役所に保管されており、誰でも見ることができます。前もって手続きは必要ですが、インターネットで見ることもできます。

 なぜ住居表示があるかというと、ある場所を探したり郵便を届けたりするのをやりやすくするためです。○○区○○町○番という表示より、○○区○○丁目○番○号と表示したほうが探しやすいですよね。

 住居表示が無い頃は、住所(場所)の表示は町名・字名・地番で表示されていましたが、その地域をよく知らない人が目的地を探すのは大変だったのではないでしょうか。

 今では、インターネット上や市販の地図では、住居表示が実施されている地域であればほとんどが住居表示で記載されています。

出典:地番と住居表示について|九段研社長 神山オフィシャルブログ

1965年生まれ。栃木県足利市出身。株式会社三友システムアプレイザル 取締役、株式会社九段経済研究所(当社子会社) 代表取締役。不動産鑑定士、MRICS。主な著書に「金融マンのための担保不動産の見方・調べ方」などがある。趣味は落語、競馬、ゴルフ、トライアスロン。