-動産評価精通者への道のり- 脱炭素経営EXPO秋へ行ってきました

動産評価にあたり、再生可能エネルギーに関する最新の機械設備やその動向を把握するため、令和3年9月29日(水)~10月1日(金)の3日間で開催された脱炭素経営EXPO秋(会場:東京ビックサイト)に参加してきました。

最終日は台風の影響で参加を断念し(会場では開催していたみたいです)、2日目のみの参加となりました。

政府により宣言された「2050年までに脱炭素社会の実現」に向けて、ESG投資やSDGsの世界的な情勢やエネルギー政策の後押しもあり、会場内は熱気に包まれていました。

 

筆者も多くの出展企業の担当者から説明をお聞きしましたが、各社それぞれ特有の技術を保有されており、動産評価にあたり大きな刺激となりました。そして、今後の日本の技術が多くの産業でも利用されるのだろう、という期待感も抱く事ができました。

(画像は脱炭素経営EXPOのホームページより引用)
https://www.decarbonization-expo.jp/ja-jp/about/sokuho-aki.html