ドローン技術演習(空撮)in北海道斜里町

2022年9月22日、ドローン技術の向上を目指し、横山測量設計事務所の横山氏のご支援の下、北海道斜里町でドローン飛行演習を実施しました。前回のワーケーションで斜里町を訪問後、すでに2ヶ月が経過しており、知床峠の一部では紅葉が進むなど、秋の気配を感じました。

この季節の斜里町では、オホーツク海に注ぐ川の上流に向かってサケが遡上しています。ご存知の通り、サケは故郷の川に帰り、その川で産卵し、そこで一生を終えます。今回のドローン演習では、こうした生命の営みをダイナミック?に動画に収めようと考え、サケが遡上する姿の空撮を試みました。

当日はやや風が強い日ではありましたが、ドローン機体の性能向上もあり、撮影ポイントに止まって安定した撮影を行うことができました(撮影した動画はアップ動画をご覧ください)。撮影動画の解像度はドローンが搭載するカメラ機能に大きく依存し、動画編集では技術とセンスが求められます。

さらに、ドローンはGNSS により座標空間上の位置情報を把握できるため、上空での安定制御や自動航行が可能です。こうしたドローン技術を我々の業務へ是非活かして参ります。

最後に、演習後は、斜里町の皆さんとの懇親会に参加させていただきました。こうした機会を開催していただき、この場を借りて斜里町の皆さんに感謝申し上げます。

【リンク先】
有限会社横山測量設計事務所